クレジットカードの署名に正しい方法ってあるの?

- クレジットカードの署名に正しい方法ってあるの?

クレジットカードの署名に正しい方法ってあるの?

カードのサインはどう書けば正解なのか


クレジットカードを使う上でもっとも気をつけるべき事と言えば、それは不正利用を防ぐことですが、その不正利用を防ぐ上でもっとも重要なセキュリティがサインです。
なので、カードの署名欄にサインをしておくのは、カードを使う上で必須だといえますが、このサイン、いったいどう書けばいいのでしょうか。
初めてカードを持つ人は、皆ここで悩みます。
全部漢字で書くべきなのか、あるいはローマ字で書くべきなのか、それとも英語で書くべきなのか、どれも正しく思えるからです。

どんなサインでも本人確認が出来れば問題ないです

結論から言えば、サインの書き方に正解はありません。
なので、漢字で書こうがローマ字で書こうが、契約者の好きなように書けばいいのです。
ただし、ここで調子に乗って、芸能人のサインのような筆跡で自分の名前を書いたり、あるいはアラビア語のような日本ではなじみのない言語を使って書いてしまうと、サインの目的である本人確認と筆跡鑑定が難しくなります。
そういう状況でカードを使うと、このカードは盗難品か何かではとあらぬ疑いをかけられることになるので、常識的な範囲でサインをするのがよいでしょう。

カード裏面にサインを書かないのは非常にまずいです

先ほど、サインの書き方に正解はないと述べましたが、実はひとつだけ正しくないサインの仕方があります。
それはカードの署名欄にサインをしないことです。
サインのないカードを使って買い物をすると、ここにサインをしないとこのカードは使えませんと注意されることになりますし、もしそのカードを不正利用された場合、カードにサインをしていない過失責任を問われることになりかねません。
それが嫌なら、カードが家に届いたら何よりも優先して署名欄にサインをしましょう。
そうすれば、仮にカードを不正利用されても盗難保険が適用されるので、よほどの過失がない限り代金を払う必要がなくなり、安心です。

もしサインを書き損じでも2度書きはやめましょう

カードにサインを書く時、手がすべって書き損じてしまうことがたまにあります。
この時、何も考えずに書きなおしてしまう人がいますが、サインが本人確認の手段であることを考えると、2度書きは非常にまずいです。
場合によっては、店に使用を拒否されてしまうことがあるので、もし書き損じてしまったら、潔くそのままにしておくか、面倒でもカードを再発行してもらいましょう。
カードを再発行する場合、新しいカードが届くまでそのカードで買い物をすることができなくなり若干不便ですが、それでも2度書きをするよりはそちらの方がいいでしょう。

△PAGE TOP

Copyright(C)2016 初めてでも不安なし!簡単お手軽なクレジットカード現金化 All Rights Reserved.