ワキガの手術 保険が適用

ワキガの手術は保険が適用するか?

 

ワキガを根本的に解決しようとした場合、手術をする方法があります。
でも費用は高額で、気軽に手術を受けることはできませんよね。

 

そんなときワキガの手術でも保険の適用になる場合があるということを聞きました。
どういうことでしょうか?

 

ワキガはアポクリン汗腺から出る汗が原因です。生まれつきワキなどのアポクリン汗腺が多いことで、ニオイが強くなる体質なのです。

 

クリームなどを使うとワキガの状態は変化し、自分の力で改善はできますが、根本的に治ることはありません。

 

そのためワキガを治すためには、アポクリン汗腺を減らすことが必要です。それには原因の汗腺を取り除く手術を行うことで効果があるのです。

 

一般的な手術は、医師が直接目で見て汗腺を取り除く直視下手術の剪除法を行います。
この方法で手術を行うと費用はおよそ30万〜50万円かかりますが、条件が整えば保険が適用される場合があるのです。

 

ワキガの手術に保険が適用できる病気を探す
もちろんですが、全部の病院で保険が適用されているわけではありません。
病院を探すところから始めましょう。

 

また保険の適用が限定されている場合もあります。
始めに紹介した剪除法だけでなく機械で行う皮下組織吸引法や皮下組織削除法など手術法は数通りありますが、保険が適用される方法は1種類だけという病院も少なくありません。
しっかり確認しておく必要があります。

 

保険の適用を医師が認めるかどうか
重要なポイントは、保険が適用できるかの判断を医師がしてくれるかどうかにあります。

 

ワキガであるが故に生活に支障をきたす場合などに、保険の適用が認められるからです。医師の判断なので、病院によってはAでは認められなかったけど、Bでは認められたということも起きるのです。

 

そして診療のときにニオイが確認できなくてはいけないので、自覚できるときに病院に行くことをおすすめします。
でもそんなにニオイはコントロールできないものなので、ニオイの付いたものや黄ばんでいる衣類を持参することを、すすめている病院もあります。医師に証拠を見てもらうと説得しやすくなります。

 

そして保険の適用が認められれば、およそ5万円で手術が可能になります。30万円かかるものが5万円になるのですから、やはりじっくり考えるべきですね。

 

いずれにしても医師と納得ができるまで、話しをするべきです。
自分のニオイに過敏になり過ぎてしまっている可能性もあるからです。
医師が客観的に自分のワキガと接してみて、手術を勧めるか他の治療法を教えてくれるか、そして何故そうなるのかなど、冷静に対処してくれる医師の意見を受け入れる必要があります。

 

ワキガの手術は医師が認めた場合に、保険の適用が認められることがあります。
費用は5万円程度でできるので、ワキガで悩んでいる場合は考えてみてはいかがでしょうか。

page top